対馬水産のこだわり

「解凍した時が獲れた時」

対馬はリアス式海岸に囲まれた美しい島です、豊富な栄養素が川から海に流れ 多くのブランド魚が獲れる事で有名な、漁業が基幹産業の漁師町です。

対馬には市場が無く、対馬の漁船だけでなく、韓国の穴子漁船も市場を経由せずに 直接対馬の港で水揚げされることができる、日本では珍しい特別な島なのです。 したがって、対馬海流のブランド穴子を数多く確保することができるのです。

そこで水揚げされた活穴子は、ブランド穴子につき、鮮魚ではなく、活魚として 活魚水槽で泥とエサを吐かせてから、活魚車で豊洲に運ばれ、市場の活魚水槽に運ばれ セリにかけられます。

活魚なので、鮮度は高いのですが、どうしても水揚げされてから数日間はかかる場合がありストレスもあり、脂のノリがおちるという問題を抱えていました。

対馬水産では、現地で獲れたてを、急速冷凍「凍眠」を行うことにより、驚きの鮮度と 脂ののりを実現しています、解凍後も刺身でお召し上がり頂けるレベルです。 アニサキスの心配もありません。

鮮度が高く、脂のノリもよい肉厚な穴子なので、白焼きにしても臭みがなく、ワサビと塩だけでも美味しくお召し上がり頂けます。 肉厚な穴子は寿司ネタとしても最適です。
コアなファンもいて、とてもリピート率も高い商品です。

海外輸出においても、空輸のチルド便だけでなく、国によっては船便の冷凍便を利用することもでき、かなりのコスト削減が可能です。 また、鮮魚の場合、賞味期限が短く廃棄ロスが発生しやすいため、割高になることが多いですが、冷凍穴子はその問題も解決します。

海外の様々な厳しい工場認定も兼ね備え、世界中のレストランに対馬の誇るブランド穴子をお届けしたいと考えております。

EU-HACCP、US-HACCP 、HALAL 、FDA、 ベトナム施設認定 、サウジアラビア施設認定、インドネシア施設認定