西のとろあなごの製造方法

厳選された素材選びと買付

対馬西沖漁場

長崎県対馬産 対馬近海の漁場

対馬の近海で獲れる穴子は、肉厚で脂の乗りも良いことから
日本海近辺のものより高値で扱われています。
弊社では、良質な対馬近海の穴子のみを使用しています。

穴子漁船 穴子漁 筒 穴子漁 地引き網漁

【“地引き網漁”】

穴子漁船 船員 穴子漁船 引き揚げの様子 穴子漁 かご漁

【“かご漁”】

対馬伝統のかご漁

穴子漁には「地引網漁」と「かご漁」があります。
「かご漁」は、「地引網漁」とは違い穴子に傷がつかず、尚且つ活魚で獲ることが出来ます。
この穴子は主に活魚船から活魚車で関東方面に送られている高級魚です。

穴子漁からの引き取り
穴子漁からの引き取り

活魚漁師から直接買付

弊社は、提携している活魚船の漁師や活魚車から活魚を直接買付して、
現地加工場で加工調理いたしております。

対馬現地工場の製造ライン

対馬工場
さばき工程

①:さばく

仕入れた穴子を捌き、
同時にサイズ選別を行います。

袋詰め工程

②:袋詰め

蒸しあげた穴子と秘伝のタレを一緒に袋詰め致します。
※タレのOEM対応も可能です。

真空パック工程

③:真空パック

専用の機械で袋詰めされた穴子を真空パックしていきます。

煮込み工程

④:煮込む

真空パックのまま煮込むので、
加熱により滅菌作用もあり、安心安全の食材が完成致します。

検査工程

⑤:金属探知

専用の機械に通し、金属片が入っていないかを検品して箱詰めいたします。

保管工程

⑥:保管・管理

冷凍庫に収納・保管・管理を行います。

出荷工程

⑦:出荷

各店舗やご家庭に、対馬から直送致します。