よくある質問 Q&A

① これは何という魚ですか?

日本の穴子と言う魚です。
今回初めて EU 認定をとり 日本からヨーロッパへ持ち込まれた魚です。

②ヨーロッパのコンガーイールですか?

見た目は同じですが、全く違う品種の魚です。
日本国内でも、獲れる地区により品質が異なります。
対馬近海の穴子は、古くから金穴子と呼ばれ、肉厚で脂のノリの良い品種の穴子です。

③ウナギとの違いは何ですか?

ウナギは殆どが養殖の調理済み蒲焼として流通しています。
また、レッドリストとしても有名です。
対馬金穴子は、料理人が 煮る 、焼く、揚げる、蒸す、煮る、炙るなど
お店独自の個性で腕をふるえる 日本の誇る高級天然魚です。
高単価な 天ぷら屋、お寿司屋などであつかわれています。

④どんな調理方法が美味しいですか?

日本の醤油をつけてトースターで焼くだけでも美味しい魚です
日本料理だけでなく、オリーブオイルとの相性も抜群です。
フレンチやイタリアンでも美味しく頂けます。

⑤賞味期限は?

冷凍での賞味期限は 540 日につき 船便でも安心です。
空輸チルドでも可能ですが 冷凍後解凍しても品質はほとんど落ちません。

⑥価格はおいくらですか?

商社経由でお見積もり致しますので 国名や商社名をメールください。
後日 メールもしくは zoom 商談を行います。
英語 ドイツ語 マレーシア語 は対応できます。

⑦販売テリトリーを教えてください。

ヨーロッパ全土対応致します。
国名、会社名 担当者名 携帯電話番号 E メールアドレスを教えてください。
後日こちらからメール電話で対応致します。

⑧活けジメと野ジメの違いを教えてください

野ジメは底引網などで、餌や泥を吐かせないで、自然に死んだ魚なので鮮度や品質にバラつきがあります。
活けジメは、カゴ漁などで活魚を獲り、泥と餌を吐かせてから
活けジメしているので、鮮度の良い良質な商品となります。
天然物の活けジメの魚は、底引き網漁の野ジメの魚とは、明らかな品質に大きな違いがあります。

⑨船便などのパレットには何箱詰めますか?

1100mm×1100mm のパレットは 195 ケース
1200mm×800mm のパレットは 16×5 ケース

⑩ヨーロッパの人に どのように穴子を説明 認知させて行きますか。

日本料理の高単価店は 予約でしか入れないお店がほとんどです。
メニューもほとんどが、おまかせ(コース料理)です。
メニューに入れてしまえば 「この美味しい魚は?」
で、簡単に広める事ができます。
フレンチでも、同じ事が言えます。